フィギュア注意報

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋葉原のフィギュアショップの縮退が止まらない

<<   作成日時 : 2009/08/05 14:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

参考資料:
ラオックスのキャラシティ閉店のニュースは衝撃的でした。ラオックスが中国蘇寧に取り込まれた時点で暗雲が漂いましたが、予想以上に悪い方向に向かいました。蘇寧はそもそも中国から秋葉原への旅行客を取り込むのを第一に据えるのではないかと言う見方があり、そう言う意味ではホビー系・ゲーム系の店舗が整理されるのは当然の結果でした。おそらくラオックスにはもうホビー系の充実は期待出来ないでしょう。事実上の消滅になると思います。

右の図表は平成19年後半からのフィギュアショップの縮退を描いたものですが、北澤ビル7Fにあったコトブキヤはその後ラジ館のコトブキヤへ合併発展したのでここはあながち縮退とは言えません。北澤ビルと言えば、イエローサブリンG-SHOP2号店が先週土曜には閉店セールを開始していましたが、当日はまだイエローサブリンのWebサイトに告知はなかったのが現在(8/5)は「G-SHOP2号店・秋葉原Rouge改装・移転のお知らせ」と言うのが出ており、ラジ館4Fに移転するそうです。確かにラジ館4Fでは宇宙船の南隣に新店舗が入る準備がされていました。多分あそこに入るのではないかと思います。しかし、あのスペースは現在の北澤ビル4Fのスペース程の広さがある様には見えませんし、何より4Fには既にイエローサブリンの店舗があります。イエローサブリンはラジ館4Fにおいて、ガチャ系・フィギュア系・ドール系を整理統合した姿になるのではないかと思います。

とらのあなはずっと以前は現在のとらAの2Fの一部でフィギュアを販売していたのがとらのあな本店ビル(現とらB)が出来た時に1フロアを使ってホビーフロアとしました。それが今回のリニューアルでとらAの4Fの一部に縮退しました。

ゲーマーズは売上が伸びずにゲーム館そのものを閉館するとの事で、その過程でゲーム館6Fにあったホビーフロアは消滅しました。ゲーム館が出来る前は現在のアニメ館7Fでそこそこの規模でフィギュアを販売していたのですが、今回のリニューアルでどうなるのかは不透明です。

上記以外の東京ホビット・イエローレーベル・コレクタブルズ東京・ウエストケンジ・SuperModelers・石丸電気は完全消滅です。ここに名前を出していませんが、以前は新作フィギュアを熱心に置いていたショップでも最近はさっぱり置かなくなった所があり、いずれ扱わなくなってしまうのではないかと言う所もあります。


ネット通販が一般的になって来て、もう実店舗での販売は苦しい状況になって来たのでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋葉原のフィギュアショップの縮退が止まらない フィギュア注意報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる